環境総合研究センター第3回国際シンポジウムを開催いたします
更新日時: 2010/10/18 15:49

本センターでは、下記の通り国際シンポジウムを開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。




文部科学省特別研究推進プロジェクト・国際シンポジウム
滋賀大学環境総合研究センター第3回国際シンポジウム

「湖沼流域ガバナンスと流域制度改革:世界の動向と琵琶湖・淀川の課題」

日時:2010年11月7日(日)
午前の部:10:30〜12:30
午後の部:13:30〜17:00
会場:琵琶湖博物館大ホール(JR草津駅より近江鉄道バス)
参加費:無料
同時通訳:あり


プログラム
-----
1. 午前の部

円卓会議「アジアの国々における統合的湖沼流域管理(ILBM)ナショナルプログラムの推進をめぐる課題」

2. 午後の部

挨拶:佐和隆光(滋賀大学学長)

シンポジウムの趣旨説明「湖沼流域ガバナンスと流域制度改革」:中村正久(滋賀大学環境総合研究センター 特任教授)

基調講演「ダムに頼らない渇水対策を実現したポトマック川流域委員会」:チェリー・シュルツ(ICPRB活水調整政策官)

パネルディスカッション
-----

参加方法:氏名・所属機関をご記入の上、ryuuiki@biwako.shiga-u.ac.jp までメールにてお申込みください。

交通・プログラム等の詳細につきましては、下記のPDFパンフレットをご覧ください。
<<戻る>>