【日韓共同環境シンポジウム】琵琶湖の「水リスク」を見つめる(2012年3月31日)
更新日時: 2012/03/20 14:54

滋賀大学リスク研究センターでは2012年3月31日(土)に日韓共同環境シンポジウム「琵琶湖の「水リスク」を見つめる」をコラボしが21(浜大津)にて開催いたします。詳細は以下のリンクをご覧下さい。

http://www.econ.shiga-u.ac.jp/main.cgi?c=10/2/5/8:10


【シンポジウムプログラム】
第1部 基調講演
「ご挨拶」
 ・Shang Ho Choi 啓明大学副総長
「彦根城中堀のブラックスワン−東日本大震災と原発事故を考える−」
 ・佐和隆光滋賀大学学長

第2部 シンポジストによる報告
 ・嘉田由紀子滋賀県知事:環境社会学の観点から
 ・長坂俊成日本リスク研究学会会長:福島の経験を踏まえ減災の観点から
 ・HunkyunBae啓明大学国際環境学部教授:河川環境対応先進国韓国からの示唆
 ・水野敏明リスク研究センター客員研究員:共同研究の中間報告

第3部 パネルディスカッション
 ・モデレーター:久保英也滋賀大学経済学研究科教授(リスク研究センター長) 
<<戻る>>