関西広域連合流域管理シンポジウム2 「地域の個性を活かす”流域ガバナンス”」
更新日時: 2016/12/06 11:20

関西広域連合 流域管理シンポジウム2

「地域の個性を活かす”流域ガバナンス”」

日時:2017年2月27日(月) 13:00〜17:15

会場:大阪府立国際会議場 12階 1202会議室

主催:関西広域連合
(参加費無料。定員100名。参加申し込み必要)

基調講演:「日本文化と関西とエネルギー」(竹村公太郎・NPO法人日本水フォーラム代表理事)


パネルディスカッション:「今、優先して取り組む課題を考える」

進行:中村正久(滋賀大学環境総合研究センター・特別招聘教授)

アドバイザー:竹村公太郎(NPO法人日本水フォーラム代表理事)

パネリスト:
 小林健一郎(神戸大学工学部市民工学科・准教授)
 田中賢治(京都大学防災研究所水資源環境研究センター・准教授)
 三橋弘宗(兵庫県立人と自然の博物館・主任研究員)
 佐藤祐一(滋賀県立琵琶湖環境科学研究センター・主任研究員)
 原田禎夫(大阪商業大学経済学部・准教授)
 山本佳世子(電気通信大学大学院情報理工学研究科・准教授)

関西広域連合 琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会ウェブサイト
http://www.kouiki-kansai.jp/contents.php?id=1609

<<戻る>>