【文部科学省特別研究推進「湖沼流域ガバナンス」プロジェクト 公開セミナー】(2009.9.20) 世界と日本の湖沼流域管理:流域ガバナンス知識ベースの構築に向けて(仮)
更新日時: 2009/10/02 13:54

日時:2009年9月20日(日) 9:30 〜 11:50
場所:草津市立まちづくりセンター301・302
    http://www.joho932.net/5000.html

参加費:無料 (事前に参加申込をお願いします)
連絡先:ryuuiki@biwako.shiga-u.ac.jp


▲▽▲ プログラム ▲▽▲

■開会挨拶 (9:30-9:45)
 中村 正久 氏 (滋賀大学環境総合研究センター長)
◆話題提供1 (9:45-10:05)
 アオコが消えた湖(仮題):諏訪湖の流域ガバナンスの変遷と展望

◆話題提供2 (10:10-10:30)
 自然修復から自然再生をめざす(仮題):中海の流域ガバナンスの変遷と展望

◆話題提供3 (10:35-10:55)
 宍道湖・中海の流域管理(仮題):宍道湖・中海の流域管理政策の分析

◆話題提供4 (11:00-11:20)
 汽水湖の資源保全と森林の復元(仮題):サロマ湖の流域ガバナンスの変遷と展望

◆コメンテーター
 自然環境の変遷と流域環境ガバナンス(仮題)
 制度・政策の変遷と流域環境ガバナンス(仮題)
 技術の変遷と流域環境ガバナンス(仮題)
 財政の仕組みの変遷と流域環境ガバナンス(仮題)
<<戻る>>