湖沼流域ガバナンス研究成果一覧

チャパラ湖にて(メキシコ)

 

諏訪湖遠望(長野県) ウジヤニ貯水池沿岸の集落会議
(インド)

地球規模の水資源・水環境問題が深刻化している現在、流域ガバナンス研究の展開は目覚しい。この中で、現在、流域ガバナンスをめぐる重要な情報が最も集約的に交流される国際会議は「ストックホルム・水シンポジウム」である。本会議は2008年8月で第18回目を迎えるが、この会議における水をめぐるガバナンスの議論が国際的な水政策をリードしてきている。本年度はこの会議では主として以下の分野について情報収集をした。、

  • 水をめぐる対立と対立を緩和する水(Conflicts over Water and Water to Solve Conflicts)
  • 持続可能な水利用とそれを可能とする新たな考え方(How can we promote sustainable water
    practices andadoption of new and innovative systems?)
  • 成長と発展、貧困撲滅のための水 (Water for Growth and Development and Poverty Alleviation)
  • アフリカの越境地下水システム:管理と保全(Transboundary Aquifers in Africa:Management andProtection of Under Cover Resources)
  • 清浄かつ健康な世界を目指す水をめぐる進歩と展望:とくに衛生施設に注目して(Progress and Prospectson Water:For a Clean and Healthy World-with Special Focus on Sanitation)
  • 地球の淡水をめぐるガバナンスの挑戦(The Challenge of Improved Global Freshwater Governance and the1997UN Watercourses Convention:High Level Panel Debate)
  • 環境フローと人の健康(Environmental Flows and Human Well-Being)
  • ヨーロッパにおける地球温暖化への適応(Adaptation Strategies in Europe and High Level Political Debate)
  • エコシステムサービス:経済学的アプローチ (Ecosystem Services:An Economic ApProach to WaterConservation)
  • 統合的河川流域管理 (lntegrated River Basin Management(IRBM)一Towards 5th World Water Forum)

諏訪湖沿岸二復元事業(長野県)

 

宍道湖漁船遠望(島根県) フェワ湖(ネパール)
Copyright (C) 2009 Research Center for Sustainability and Environment. All Rights Reserved.