湖沼流域ガバナンス研究成果一覧
湖沼の様な静水システムの場合、その自然科学的特徴(1長い滞留時間、2流域の自然や人間活動の統合性、3複雑な湖内の相互作用)を流域ガバナンスのあり方にどう反映するかが重要であり、またどういった自然科学的特徴を持った湖沼に対してどの様な流域ガバナンスの構造が機能しているのかを知るためには、自然科学的特徴に関する定量的なデータと流域ガバナンスをめぐる定性的なテキスト情報を柔軟に反映するシステムが望ましい。また、そのため、本プロジェクトの連携の枠組みを利用し、Lake Briefを作成する過程で得られた新たな定量的情報も既存データベースに反映していく必要がある。そのため、ILECが中心となり、ILEC世界湖沼データベースの改訂に取り組んでいる。このシステムは現在、 http://wldb.ilec.or.jp/ に暫定的にアップロードされている。
Copyright (C) 2009 Research Center for Sustainability and Environment. All Rights Reserved.