学術論文
201720162015201420132012201120102009200820072006200520042003

≪2012年(平成24年)≫

著者 論文の標題 学会誌名 発刊
西村武司・
松下京平・
藤栄 剛
生態系・環境保全型農産物の価格プレミアムの決定要因-滋賀県における魚のゆりかご水田米を事例として- 環境科学会誌 2012/5 25 3 204-214
Kawasaki,K., Fujie,T., Koito,K., Inoue,N.and H.Sasaki Conservation Auctions and Compliance: Theory and Evidence from Laboratory Experiments Environmental and Resource Economics 2012/6 52 2 157-179
市川智史 小中学校における環境教育推進方策、実践状況、教員意識の変化 ─1995-96年度調査と2008年度調査の比較分析を通して─ 科学教育研究 2012/6 36 2 203-210
Lin. H., and M. Nakamura Payments for watershed services: Directing incentives for improving lake basin governance Lakes & Reservoirs: Research and Management 2012/9 17 3 191-206
金柔美・
田中勝也・
松岡俊二
国際環境レジームの有効性に関する定量分析:長距離越境大気汚染条約(LRTAP)を事例として 環境情報科学学術研究論文集 2012/11   26 189-194
西村武司・
松下京平・
藤栄 剛
生物多様性に配慮した水田農業の経済的成立条件-滋賀県農業集落の事例分析- 農村計画学会誌 2012/12 31 3 514-520
宮本結佳 住民の認識転換を通じた地域表象の創出過程:香川県直島におけるアートプロジェクトを事例にして 社会学評論 2012/12 63 3 391-407
M. Nakamura, Y. Ogino, M. Akiyama and K. Moriyasu Evolving History of Lake Biwa and the Yodo River Basin Management Lake Biwa -Interaction between people and nature 2012     371-417
田中勝也・
松岡俊二・
Thi Thi Kinh
ミャンマーデルタ地帯における安全な飲料水の供給に向けた便益評価 人間と環境 2012/2 38 1 7-12
西村武司・
松下京平・
藤栄 剛
生物多様性保全型農産物に対する消費者の購買意志-消費者特性の把握と知識の役割- フードシステム研究 2012/3 18 4 403-414
室井研二・
宮本結佳
離島の地域福祉と事業型NPO : 香川県丸亀市広島の事例(上) 香川大学教育学部研究報告. 第1部 2012/3 138   83-96
室井研二・
宮本結佳
離島の地域福祉と事業型NPO : 香川県丸亀市広島の事例(下) 香川大学教育学部研究報告. 第1部 2012/3 138   97-117
宮本結佳 現代アートを媒介とした景観創造の実践 滋賀大学教育学部紀要 2012/3   61 15-27
   
ホームセンターについて組織・メンバー研究活動研究成果イベント教育活動社会貢献活動